アライ写真館 新井敏之さんが教える!! 花火撮影の技

①

立川市高松町で大正15年創業のアライ写真館4代目店主を務める。
中学生の頃から先代である父新井布敏の花火撮影を手伝い、その目で立川の花火大会を見てきた為、花火大会本会場の雰囲気を熟知し、その熱気までを写真に収める地元密着型カメラマン。撮影技術はもちろんのこと、立川生まれ、立川育ちの地の利を活かした撮影スタイルに定評を持つ。花火大会以外でも、年間を通じて立川市内の風景を記録した写真は、立川観光協会の貴重な資料となっている。 
 
 

新井 敏之(あらい としゆき)
立川まつり国営昭和記念花火大会記録写真撮影カメラマン
厚生労働省認定国家資格「1級 写真技能士」

花火撮影のコツとは

  • ── 新井さんは毎年花火大会の記録写真を撮影してくれているんですよね。このホームページにもきれいな写真がたくさん使われています。まずは、どうやって撮影しているのか、教えてください。
  • 新井さん(以下新井) 花火の撮影にはデジタル一眼レフカメラ、三脚、レリーズ、黒い板を使います。設定はISOを100~200、マニュアル露出、シャッタースピードはバルブ。絞りは、花火の種類にもよるけど、通常f16~18かな。同時に何発も上がって明るくなるような花火ならf22くらいまで絞りましょう。三脚は必須。ピントはマニュアルフォーカスにして、一番遠くにある木などにピントをあわせておきます。準備はこのくらいかな。
  • ── 難しいですね。カメラに詳しい方はご存じだと思いますが、そうでない方のために、バルブというのはどういう撮影方法なのですか?
  • 新井② バルブっていうのは、つまりシャッターを押している間ずっと撮影されている状態のこと。よく夜景の写真で走る自動車のライトが線みたいになってる写真があるでしょ?あれがバルブ撮影。花火が打ちあがって、爆発して、大きく開くまでを一枚の写真に収めるにはこれが欠かせないんです。複数の花火を一枚の写真に収めたいときは花火と花火の間に余計な光を映さないようにレンズの前を黒い板でふさぎます。
    打ちあがりの直前にシャッターをバチーッ、花火がヒュー…、ドーンっ、で、黒い板をサッ!次が来るな、と思ったら板をどけてまた花火ドーン。最後にシャッターをバチッと戻す。こんな感じ。
  • ── なるほど。そこで黒い板が出てくるわけですね。すごくわかりやすかったのですが、これインタビュー記事なので文字にしたとき伝わるか不安です…。でもこれで一枚の写真に複数の花火をきれいに収めることができるんですね。
  • 新井 ただ、これを初級モデルのデジタル一眼レフカメラでやっちゃうとカメラ内のデータ処理に時間がかかることがあるから「長時間露光ノイズ低減」をOFFにしておくといいですよ。肝心のタイミングでシャッターが押せないと焦っちゃうよね。花火は一度しか打ちあがらないし…。
  • ── そういう失敗談も事前に聞けると助かりますね。また、ここ最近ではSNS上に花火の写真を公開することが多いと思いますが、人と違う写真を撮るコツみたいなことはありますか?
  • 新井 構図なんかは人それぞれだから何とも言えないけど、僕は大きいものや小さいもの、横に広がっているものなど、いろいろな花火が入っている方がきれいだと思います。そして花火だけでなくて風景や人の後ろ姿なども入っているとその時の情景が知らない人にも伝わるのでいいと思います。今はみんなスマホのカメラだと思うけど、あえて一眼で撮影した写真をwi-fiで携帯に送信してアップすれば他の人とは少し差をつけられるんじゃないかな。
  • ── デジタル一眼カメラを使えばスマホのカメラでは絶対に表現できない写真が撮れるわけですね。でもスマホのカメラしか持っていない人はどうしましょう。
  • 新井 うーん、ポスターみたいにきれいな写真を撮るにはスマホのカメラじゃ難しいと思うけど、スマホを使って撮った花火の写真でよくある失敗というと、花火が急に明るくなるから全体的に白く色が飛んじゃう事があると思うんだよね。そうならないためには事前に設定を暗めにしておくこと。専門的に言うと補正をマイナスにしておくことかな。きれいな色を出したいならあえて、暗めの設定をするといいかも。あとはとにかくチャンスを増やすために連写するとかね。
  • ── ちょっとイメージトレーニングしてみます。スマホのカメラを使って練習、練習…。
  • 新井 そのフォームだと手ブレが心配だね。デジタルカメラでもいえることだけど、暗いところで写真を撮るとどうしても手ブレしがちだから、カメラを固定しないといけないんだよね。三脚があればベストだけど、なければ地面にヒザをついて、ヒジをくっつければ、カメラが固定されて三脚の代わりになるでしょ。固定するのは何でもいいんだよ。どこかに寄りかかってもいいし、前の人の肩でも良いし。
  • ── 知らない人の肩はだめですけどね。
  • 立川の花火を楽しんで!

  • ── 最後に、花火大会の会場にお越しになる方に一言お願いします。
  • 新井 三脚や大きいカメラなどは、基本的に観客の方々からしたら、大変邪魔なものですので、良いものが撮りたいという気持ちを先行させずに、まわりの方への配慮が必要だと思います。写真愛好家の方も、観客の方も楽しく立川の花火を楽しんでほしいですからね~。
  • ── 新井さん、ありがとうございました。アライ写真館では写真やカメラのことでわからないことがあれば何でも優しく丁寧に教えてくれます。これからも、地元密着でよろしくお願いします!
  • 3アライ写真館
    立川市高松町2-26-2
    042-522-3507
    HP:http://arai-photo.lar.jp/
    facebookで様々な事を発信中♪
     
    Top